氏家美紀
梅澤靖貴
笠原真奈美
小林布紀子
松下孝広
矢野智章
米村大子

2017年

11月

09日

それだけじゃ足りない!教育費の話。

こんにちは。札幌のFPを中心とする専門家ユニット なないろ福円隊の矢野です。

 

 

 

先日、ある小学校で、ママに向けて、教育費の話をしたとき。

 

最初に3つ質問をしました。質問と回答は以下のとおりです。

 

Q:大学進学を想定して、教育費の準備をしていますか?

 

A:7割のママが“準備している”と答えました。

 

 

Q:教育費の準備は具体的にどんなことをしていますか~?

 

A:ほぼ同数のママが“学資保険”と答えました。

  それ以外は特に準備していない。

  あえていうなら意識して貯金するようにしているとのことでした。

 

 

Q:子どもが国公立大学に進学して、下宿するとしたら学費、

  生活費などトータル4年間でいくらかかると思いますか?

 

A:ほとんどの方が1000万円以上は必要とのことでした。

 (実際1000万円以上必要になってきます)

 

 

これだけ聞いた限りでは、必要だと思っている1000万円に対して、学資保険の満期200万円しか準備できていないことになりますね。

 

後は、貯蓄ができればいいですが、足りなければ、奨学金、教育ローン、本人のアルバイトなど補うことになります。

 

よく聞くのは、

 

大学進学するまでに、塾、習い事など教育費の負担が増えて、住宅ローンの返済も合わせて家計を圧迫し、資金繰りが厳しくなる。

 

無理して教育費を捻出して貯蓄が減り、さらに教育ローンが残る。子育てが終わって、ほっとしたのもつかの間、自分達(親)の老後資金が足りないことに気づいた。

 

子どもが奨学金を使ったが、社会人になっても経済的事情により返済できない。また返済額が大きな負担になっている。

 

誰しもこのような結果を望んだわけではないと思います・・・

 

教育費、特に大学の学費などは、何年後にいくら必要か、ほぼ決まっており想定できるものですから、このような事態を避け、準備できた可能性は十分あります。

続きを読む

2017年

10月

17日

あなたはiDeCoを始めてはいけない(FPまりりん)

こんにちは。札幌のFPを中心とする専門家ユニット なないろ福円隊リーダーのFPまりりんです。

みなさんは確定拠出年金を利用しているでしょうか?
名前は聞いたことがあるけど、何だかよくわからない。
それって何?
iDeCoも確定拠出年金なの?
そもそも損なの?得なの?

 

・・・というくらいの認識の方が、多くいらっしゃるのが現状です。
でありながら、実は多くの企業が導入済みでもあり、妻が知らないだけで、夫は会社で確定拠出年金を利用しているというケースも多々お見受けします。

その夫本人が、よく理解せず(お勤めの会社に導入されているのに)放置しているというわけです。
ここ数年の間に会社で導入された方が多くて、沢山ご相談を受けました。

現在、会社員の6人に一人が加入しているそうですよ。(企業型)

今日は、iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリットばかりが強調されて、誰もが加入したほうがいいように思ってしまう状況に懸念をいだいている私が、
iDeCoに加入してはいけない人がいることを、お伝えいたします。
自分が iDeCoに加入してはいけない人なのかどうか?わかりますか?

まず 制度について、ごくごく簡単に説明しますね。


確定拠出年金には、個人型と企業型があります。
そもそも何か?というと、老後資金を積み立てながら資産運用して作っていく制度で、
●個人型(iDeCo)は自分で自分の老後に備えて積み立て(資産運用)する制度、
●企業型は企業がお金を出して(拠出)従業員の為に積み立てる退職金制度です。

大きく分けると個人型と企業型の2つなのですが、
もう少し細かくわけると4つに分けられます。
その時点で、もう混乱している方が ほとんどです。
特に、最近 「企業型なのですが、企業がお金を出すわけではない確定拠出年金」の導入をよくお見かけいたします。

みなさんの会社は、導入しているかどうか?何を導入しているかご存知ですか?

続きを読む

2017年

10月

17日

まだ間に合う!初めてのふるさと納税セミナー

 

「まだ間に合う!初めてのふるさと納税セミナー」

11月7日火曜日に 手稲区の「まなびやカフェ あけぼの分校 給食室さま」にて開催することを、昨日Facebookで公開したところ

日曜日開催をご希望との声をいただき
早速検討して、日曜日開催もすることにしました。

日曜日開催は 11時26日日曜日に、東札幌のカフェ内で開催します。

【火曜日開催 あけぼの分校給食室さまにて】
11月7日火曜日 10:30〜12:00
ランチタイム 12:00〜13:00
最大10名まで

【日曜日開催 東札幌カフェ内にて】
11月26日日曜日 11:00〜12:30
ランチタイム 12:30〜13:30
最大6名まで

受講料 1500円 当日集金(飲食費別途必要)


★「まだ間に合う!初めてのふるさと納税セミナー」
続きを読む

2017年

10月

11日

11月12日(日)甘くない教育費の話! 〜まだ間に合う家計改善の5つのポイント~

 

11月12日(日)甘くない教育費の話! 〜まだ間に合う家計改善の5つのポイント~ 

 

11月12日(日)の講座は教育費のお話です! 子育て中のパパ、ママを対象に、教育費をどう準備するか?

 

そして、子育て時期と重なる住宅ローンの返済、子どもが独り立ちした後の老後資金など・・・ 教育費だけでなく、人生で必要となるお金をしっかり準備するための「家計改善の5つのポイント」でお伝えします! 

 

【今の子育て環境】

パパ、ママ自身が学生だった時代と、今の時代は状況が異なります。 

 

給料は上がらず、社会保障や税の負担額が増え、実際の平均所得額が減少している一方で、教育費の平均は上昇しています。 

 

 

続きを読む

2017年

9月

28日

保険に自分の生活を合わせていませんか? BY レインボーマン

みなさん、こんにちは。

FPを中心とした専門家チーム、

なないろ福円隊のFP氏家美紀です。

 

突然ですが・・・

みなさん、保険好きですか??

 

私は好きです!

というか、マネーバランスクリニック®に出会ってお金の基本を繰り返し学んでいくうちに好きになりました!

もともと嫌いではありませんでしたが、以前はよく解らずに只々絶対必要!!!と、ちょっと偏った思いを抱いていたというカンジでしょうか。

 

ペット保険、マネーバランス的に色々考えて入ってないの。

 

マネーバランスクリニック®でお金の基本や原理原則を勉強する前までの私は、FP2級資格を保有はしていたものの、保険で貯金をしている状態でした。

実家が保険代理店ということもあり、一般のご家庭よりは保険は身近なものだったこともあると思います。

 

保障=保険と思っていましたし、それ以外の方法を知りませんでした。

 

※保障=保険ではありません。

 

今まできちんと教わることがなかったお金の基本のことを、マネーバランスクリニック®の「お金の教室」で学ぶことで保険の特徴を知り、「万が一のために準備する手段の1つである」ということに気付きました。

 

金融(保険・ローン・貯蓄・運用)には、それぞれ2つのメリットと1つのデメリットがあるって知っていますか?

 

保険のメリットは2つ

 

①すぐに準備ができる

②大金を得られる

 

デメリットは1つ

 

①支払われないケースがある(使い道が限られている)

 

 

 

続きを読む

2017年

9月

13日

あなたは『PPK』したい?

みなさん、こんにちは。

FPを中心とした専門家チーム、

なないろ福円隊のFPふきこです。

 

先日は、

金沢から大先輩FP谷崎由美さんを迎えて、「子どもにお金をどう伝えていくか」、

「自分らしいありかたからお金や専門家とのお付き合いを考える」、「顧客本位のFPビジネスとは」など、盛りだくさんのテーマ別セミナーを開催いたしました。

 

毎年、素晴らしいゲスト講師を迎えてお客様と学び合えるのは、本当に楽しいです♪

←盛り上がって、こんな写真も撮っちゃいました(笑)

 

 

さて、セミナー準備で慌しくしている中、

同い年のいとこから深夜に電話が来ました。

「父が突然亡くなりました・・・」と。

 

え~?!

函館の叔父さん、10年くらい前にはガンに罹ったことがあるけれど、

今はすっかり元気だと聞いていたのに。

 

話を聞いてみると、前日まで趣味のバレーボールに出掛けたりして、

全く元気で、

次の日も自宅で普通に過ごしていて

夕飯時に二階から降りてこないと叔母が見に行ったら、

眠るように亡くなっていたそうで。

 

全くもって『ぴんぴんころり』の見本のような最期でした。

 

そう!

略してPPKです。

一部では『ピンコロ』とも(笑)

 

長く患って、自分も家族も辛い大変な思いをするよりは、

亡くなるその日までいつも通り楽しく幸せに暮らしたい。

幸せな人生の見本ですよね。

 

でも、昨日まで元気だった人が、

コロリと亡くなると、どうなるのか。

 

 

続きを読む

2017年

9月

04日

10月1日(日)家族が亡くなった時に遺族がやるべき手続きセミナー

10月1日(日)家族が亡くなった時に遺族がやるべき手続きセミナー

 

身内に万が一のことがあったら?

 

きっと動揺してしまい、何をやればいいか、誰に何を相談すればいいか、きっと右往左往してしまうと思います。

 

だからといって、今家族が元気なのに、万が一のことは想像するのは難しいですよね。

 

でも!

本当に万が一のことが起きたら?本当に大丈夫?

 

 

 

 

続きを読む

2017年

8月

30日

満足のお買い物!

 

こんにちは!

 

 

札幌のFPを中心とした専門家ユニット・

なないろ福円隊

マネーバランスFP矢野智章です。

 

 

 8月も残すところあと2日。あっという間に夏が終わったかな~と感じつこのごろですね。

 

 

寂しい気もしますが、秋は秋でいい季節ですね。

 

食欲の秋、美味しいものがたくさん出回る季節です。

 

 

美味しいから食欲をそそられる以前に、なぜか私は単純に食欲が増す季節です()

 

冬に備えて栄養を蓄えろということなのでしょうか・・・

 

続きを読む

2017年

8月

23日

大人の言うことを聞け

こんにちは~!

札幌のFPを中心とした専門家ユニット・なないろ福円隊
マネーバランスFP氏家美紀です。

 

世間では2学期が始まりましたね。

(本州は8月末までお休みですね)

北海道は朝晩冷えはじめてます。

何となく秋風が吹いている感じ・・・

 みなさま、寒暖の差で体調を崩されませんようにお気を付けくださいね。

 

さて。

みなさまは子どもの頃、大人の言うことを聞いていましたか?

それとも、大嫌いな先生のムカついた言葉が今になって意味がわかった・・・とか思うことありますか?

 ↑↑↑ 楽しむオトナたち☆ ブルゾンふき子withMB

 

 私はですね、割と言うこと聞いていた方で、そのことで得したことも多かったです。

でも「言ってることおかしいよな~」と思うことはやっぱりありましたね。

なので・・・大人になったら全部自分のしたいように出来るから、

早く大人になりたいと思っていました。

 

どうしてそんな質問をしたかというとですね、久しぶりに

一気に鷲掴みされた曲との出会いがあったからなのです。

 

それが、今回のタイトル「大人の言うことを聞け」(NakamuraEmi)

 

https://www.youtube.com/watch?v=Tohr3D3a_1Y

 

アーティストのNakamuraEmiちゃん本人が曲を解説したセルフライナーノーツを読むと

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「そんなのやってみないとわかんないじゃん」

「私の何がわかるんだ」

 

と大人によく反発していた私。

 

でも今は10代の方と話をしてると、

「それは・・・」と私が口だししそうになります。

 

自分が経験した事で道案内をしてあげたくなっているのかもしれません。

大人の言ってる事がただ自分勝手に言ってる事なのか、

いつか君の為になると思って言ってる言葉なのか、

受け止め方は君次第。でもどちらかわからないのもしょうがない。

 

それならば大人の言う「言葉」を沢山聞いた上で、納得したり、

そんな風にはなりたくないと思ったり、いい見本も悪い見本も全部自分に蓄えて、

何十年後に君らしいかっこいい大人になれますようにと思って書いた曲です」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

と書いてあって、大した反抗期がなかった私も思わず

「わかる~~~~~!!!!」となりました。

今の10代の子たちにも、今の大人にも聞いてもらいたいなと思いました。

 

少なくとも私が10代のころは、

「大人の言うことは聞くな~~!!!」

って歌っているアーティストが多かった気がします。

なので、NakamuraEmiちゃん、とてもカッコいいな~と思います。

 

曲では

大人の言うことを聞け、決して「言う通りにしろ」じゃない

 

と言っていて、

「決して言う通りにしろじゃない」がポイントですね。

 

子どもがやりたいことを実現していくには、どうしたって親の力を借りる必要があります。

私の両親は頭ごなしに押さえつけるようなタイプではありませんでしたが、

何でも2つ返事でOKだったわけでもなく。

だから、自分がどうしてもやりたいこと、譲れないことで親の許可がいるものについては

どうしたらできるだろうか、許可してもらえるだろうかって常に考えていました。

この「可能性をさぐる」というのはその後の人生やFPの仕事にとても役立っています。

 

ちなみに、子どもの時に私がどうしてもやりたかったことの1つは

中3の受験期にユニコーンのライブに行くこと(笑)

当時苫小牧から札幌に中学生女子が友達同士でライブへ行って夜帰ってくることは

けっこう大変なことだったのですよ~~しかも高校受験前の2月に。

学校に早退申請を出すために、親の印鑑(許可の証明)が必要だったのです。

極力怒られたくなかったので、ライブという理由で申請出さずに早退するということが

できなかったのでした。

 

進学については、両親から事前に条件(道内限定など)が提示されていましたので、

どうしても進学したい学校があったわけではない(でも進学したい)私は

条件の中で自分が入学できる進学先を選択しましたが、私の友人はどうしても道外に進学したくて事前に道内のみと言われていたご両親に交渉したそうです。スゴイ行動力ですね^^

 

今振り返ると、子どものころから自然と家計を意識する環境にあったこと、

高校卒業後の進路選択に関しては、自分の意思決定がいかに重要かを何となく感じていたことが大きかったと思います。

 そして、先の私の友達は、私同様に家計を意識はしていながらも、どうしても譲れない進学先があったので色々な可能性を探り、両親に交渉したということです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※「大人の言うことを聞け」より一部抜粋

 

~大人が正解なわけじゃない 国が変われば正解も変わる

昔はああ 今はこう 政治はそう これだからもう

カッコいいカッコ悪い大人も 一望できるのは君たちだ

 

でも大人の言うことを聞け 決して「言うとおりにしろ」じゃない

光っていたら信じて 腐っていたら反面教師

聞いて 流して 信じて 捨てて 良くも悪くもお手本だ

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ・・・確かに。国が変われば正解も変わります。

時代の変化ととも国の政策も変わります。(「貯蓄」から「資産形成」へ) 

 カッコいいカッコ悪い大人の判断は・・・あなたの中の「あり方」ですね^^

そして、各ご家庭それぞれ「正解」も違います。

光っているカッコいい大人でありたいですね。修行修行・・・

 

時代は目まぐるしく変化しています。

私や友人の進学の話は約20年以上も前のことであり・・・

お子さんを進学させるにしても、20年前と現代では教育費を準備する親にとって

経済環境も甘くありません。

 

社会で生き抜く力をつけるための教育という「本質」は変わらないとしても

時代に合った「イマドキの子育て」があるのかもしれませんね。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

17日

FPふきこの『新!お金の教室』のお知らせ!

 

FPふきこの『新!お金の教室』

 

お金や家計を総合的に学ぶ『お金の教室』が

この秋からリニューアルいたします!

 

★10月1日(日)13:30-16:30 マネーバランスの基礎

 10月15日(日)13:30-16:30 保障基礎講座

 10月29日(日)13:30-16:30 10の所得

 11月12日(日)13:30-16:30 家計決算基礎講座

 

お金のことって、どこで学びましたか?

もしくは、誰に習いましたか?

 

 

残念ながら、今の日本ではお金のことを総合的に学べる機会は

 

ほとんどありません。

 

続きを読む